kcy家庭菜園>カボチャ ひと口メモ

 カボチャ ひと口メモ                                
苗作り 
◎4月になると園芸店にカボチャの苗が出てきますが、自分で楽しみながらベランダなどで、簡単に作ることもできます。
◎3月中旬に、培養土を入れた4号(12cm)のビニール鉢に種を1個を蒔きます。4、5日で発芽して、45日間くらいので育苗期間で本葉5〜6枚の苗ができます。
◎発芽までは温室など加温します。その後は高温にしないで、がっちりした苗に育てることが大切です。

畑の準備
◎畝巾2〜3mは必要なので、たくさん植えると畑の利用効率が悪くなるので、注意しましょう。
◎定植位置に40cmの穴を掘り、半分くらいの堆肥を入れ、土と混ぜながら埋め戻しておきます。
◎肥料を強力に吸収しますので、リン酸とカリ肥料を多めにし、チッソ肥料は少なめにします。

植付け
◎埋め戻した上に、苗を乗せ、周りの土を寄せて、鞍植えにします。風除けと保温のため、ホットキャップやネットトンネルをかけてやると、生育が早くなります。大きくなってきたらキャップやトンネルを取り外します。

整枝
◎蔓が延びてきたら、稲わらなどを敷いてつかまるところを作って安定させてやります。稲わらがないときは、枯れ草を敷いてもいいでしょう。
◎えびすなどの西洋カボチャは親蔓によく実がつきますので、摘芯をしないでそのまま伸ばします。葉が混み過ぎないように、子蔓は2本を残して他の蔓は整理します。

ただし、品質のよい南瓜を収穫する場合は、親蔓を止め3本の子蔓からそれぞれ3個程度にします。

交配
◎朝か、午前中に雄花をとって、雌花の柱頭につけてやります。
◎複数本を植えてあるときは、大抵昆虫によって自然交配しますが、人口受粉をしたほうがより確実です。

収獲
◎西洋カボチャの収獲適期は、受粉から約45日です。色が黒ずんできて、へたが茶っぽくひび割れてきた時が目安です。
◎日本カボチャの収穫期は花が咲いてから約50日めで、実の色が褪せてきて、白い粉がふいてきたときが目安です。

[HOME] [kcy家庭菜園]