芹沢公園(せりざわこうえん)
 おいしい座間の水。この水のみなもとが芹沢公園近くに水源井として、掘られています。公園の西側には芹沢川が流れ、ミズキやエノキの大木が茂、芝生の美しい多目的広場や湿生植物園があります。

東側には水源涵養林があり、谷戸の道をはさんでシラカシ林が茂り、北側には民有の農地に隣接してクヌギやコナラなどの雑木林があります。芹沢公園は起伏もあり散策コースとしていろいろ楽しむことができるだけでなく、月によって変化する多様な自然が観察できるため、観察会などもさかんに行われています。
(座間八景)

主な交通:小田急相武台前駅から相模大塚行き・長後駅行きバス「栗原小学校前」下車徒歩約5分
問い合わせ:座間市公園緑地課 tel 046-252-7221(直通)

 芹沢公園の地下壕
高座海軍工廠と台湾少年工
昭和16年、旧日本軍は京浜地区の防衛のため綾瀬に厚木航空隊を、さらに昭和18年隣接する座間市栗原の東原一体に航空機を生産する高座海軍工廠を突貫工事で建設した。工廠建設用地は座間地区だけでも90町歩、海老名地区を併せると100町歩(89.3万平方メートル)を超えていたと思われる。
 この工廠には募集した台湾各地から8,400人ほどの少年工が働いていた。13才から15.6才までの働きながら勉強ができ、中学校の卒業資格が得られるということで応募したもので、台湾でも比較的裕福で、優秀な人が多かった。
そのほか内地工員1,780人、女子挺身隊員120人、厚木高女かどからの学徒動員40人などによって航空機・雷電が作られていた。
芹沢公園の一角に、戦時中に掘られた地下工場、倉庫の一部が座間市教育委員会によって現在も保存されています。
公園内に保存されている地下壕 地下壕の側に立っている看板
空襲による被害を避けるため、工廠西側を流れる目久尻川や芹沢川の峡谷の崖面に穴を掘り地下工場が作られていた。写真の地下工場跡は、昭和49年〜50年にかけて埋め戻した時に調査のために撮影されたもので、発電所があった場所を除き、内部は素堀りで、どの壕にも息抜き孔が付いていた。場所は南栗原地区。
林の中の飛行機
アメリカ軍の攻撃から守るため、林の中におかれた組み立て中の飛行機。場所は不明、海軍工廠の近くか。
現存する唯一の雷電
カリフォルニア州「プレーンズ・オブ・フェイム航空博物館」に現存する世界唯一の「雷電」21型。

参考文献:平成15年6月座間市教育委員会主催で展示された高座海軍工廠より
参考文献:月刊こみゅにか

マイタウン目次に戻る