厚木基地
 厚木基地は厚木にはなく、綾瀬市、海老名市、大和市の3市にまたがっています。正式名称は厚木海軍飛行場と称し、米海軍と海上自衛隊が共同使用しています。500万平行メートル余の広大な土地を専有し、3市のほか、管制区域の半径9キロメートル以内に横浜市、藤沢市、相模原市、座間市、町田市などが含まれています。各市とも過密化した市街地であり、厚木基地は他に例を見ない過密都市の中の軍用飛行場として市民の日常生活に大きな影響を与えています。

厚木基地の変遷
昭和13年に旧日本軍が航空基地と制定。
昭和16年帝都防衛海軍基地として使用開始。
昭和20年米軍に接収される。
昭和25年米陸軍から米海軍に移管され、米第7艦隊の後方支援基地となる。
昭和46年基地の一部が海上自衛隊に移管され日米共同管理体制が敷かれた。

厚木飛行場では市民の頭の上で、日夜飛行訓練が行われており、生活に深刻な影響を与えています。航空機騒音に対して、飛行機の騒音レベルによって、住宅の防音工事がなされていますが、低空を飛ぶ軍用機の騒音には無力で、締め切った室内の会話も聞き取れません。
日本の防衛政策のため、一部の国民に騒音危害がしわ寄せされている状態は、決して正常な姿ではありません。
戦後50年余を経過して、経済は復興し、敗戦は次第に忘れられつつありますが、日米安全保障条約のもと、厚木基地は活動を続けています。

張り巡らされた鉄条網に次の看板が掲げられています。
WARNING 警告
U.S.Navy Property
Authorized Personnel Only
米国海軍管理地域
立入りは許可された者に限る

マイタウン目次に戻る