谷戸山公園
全国的にも新しい試みの都市公園。「自然生態観察公園」として自然を極力残し、自然とのふれあいに重点が置かれ,、年間20万人が来園しています。総面積32ヘクタールで「山・谷戸・里」3つのゾーンで構成されています。夏にはゲンジホタルが見られ、初冬には、渡り鳥が多く飛来します。(座間八景)かながわの美林50選に指定されています。
また公園の東口にパークセンターがあり、総合学習や公園に関するさまざまな活動について学習・発表の場となっていて、エントランスホールは「谷戸山鳥ごよみ」や「谷戸山花実ごよみ」が用意され、鳥や花が月別に観察できるようになっています。また定例自然観察会などの市民参加行事の予定表も準備されています。

交通:
小田急線座間駅東口徒歩10分
小田急線相武台前駅南口徒歩15分
小田急線相武台前駅北口1番乗り場より「市営住宅経由・相武台下駅」または「海老名駅」行きバス5分「市役所・谷戸山公園下車」
車:道路地図
駐車場:7:00〜18:00(冬季17:00)
問い合せ先:046-257-8388  座間谷戸山公園管理事務所

緑のトンネル 水鳥の池 伝説の丘
水鳥 水鳥の撮影に訪れる人々 自然観察の看板があちこちに
里山体験舘 木の道 二輪草の群生地

公園内のゾーン区分
山ゾーン
クヌギ・コナラ観察林 杉・ヒノキ観察林 シラカシ観察林 昆虫の森 野鳥の原っぱ 森の学校
 下草刈りや落ち葉かき、間伐などの人の手がはいることによってつくられるのが雑木林や、人口林です。大昔このあたりはシイ・カシ林で、今ある雑木林も、手入れをしなければ長い時間をかけてシイ・カシ林に戻ります。

【谷戸ゾーン】
水鳥の池 湿生生態園 わきみずの谷
 谷戸の中央は、水鳥をはじめとした野生生物が生息する「水鳥の池」があります。水鳥の池とそのまわりの樹林は人が立ち入らない場所となっています。「湿生生態園」や「わきみずの谷」にみられる植物、そこにいる生物を注意深く観察すると他の場所との違いをみつけられます。

里ゾーン
里山体験舘 たんぼ 伝説の丘(本堂山)
 谷戸の入口部分にある「たんぼ」ではもち米を栽培して、田植え、草刈り、稲刈り、脱穀といった農作業を一年を通じて体験できます。たんぼの生き物たちを観察し、里山体験舘ではいろりを囲んでのおしゃべり、伝説の丘(本堂山)では一休みしながら座間谷戸山の歴史に思いをはせるのもよいでしょう。 昔はどこでもみられた「里の風景」のなかで里山文化の実体験ができます。

参考文献:神奈川県公園リーフレット
 マイタウン目次に戻る