栗原神社                                          

住所:座間市栗原座間市栗原中央4-4-14
祭神:豊受大神・天御柱命・国御柱命・道友大神・稚日留女命

 当社につたわる「栗原寺社村鏡」の写しによると「相模の弥市」といわれた中栗原の豪農、大矢家の先祖が、天正元年(1573)王子大権現を勧請して祀ったのが起こりと伝えています。
 宝永3年(1706)再建の記録があることや、昭和42年に伐採された杉のご神木が樹齢七百数十年といわれていることを考えあわせると当社は大変古い年代に建立されたことをうかがえます。

 永い歳月、王子権現社は中栗原の守り神として人々の心の支えとして崇められてきました。
明治6年栗原地域内に祀られていた絹張社(小池、握財社(上栗原)、山王社(芹沢)、若宮社、龍蔵社(下栗原)はこの王子権現社に合祀され、当時の栗原村の総鎮守となり、社名も栗原神社と改称されました。

栗原神社の例祭は9月の第一土曜日に行われています。例祭には栗原地区の5つの地域から祭衣装を身につけた囃子連が威勢よく祭太鼓を奉納。競演する様は壮観です。

 市内最古のシラカシ(かながわの名木100選)

シラカシは関東地方の代表的な樹木であり、座間市内ではかって「樫の森」と呼ばれるたくさんの大木が生えていました。
しかし近年ほとんど枯死してしまい、大木は見られなくなりました。このシラカシは「樫の森」の1本であったもので、護王社の大欅とともに、市内に現存する最古の大木です。

←写真をクリックすると大きく表示されます


社殿の左奥にあり、目通り周囲が3.6m、樹高約20m、樹齢500年前後で市の天然記念物に指定されています。

参考資料:神社掲示板より

マイタウン目次に戻る