花しょうぶ「座間の森」立野台公園
立野台はきれいな池を中心に、地域のイベントなどにも活用される広場や、子どもたちに人気のあるらせん滑り台を備えた大型複合遊具の広場があります。
静かな住宅街にあるので、小さな子どもを連れた若いお母さんから、のんびり過ごすお年寄りなどの絶好の交流の場になっています。

所在地:座間市立野台3丁目
交  通:小田急線座間駅からバス立野台下車徒歩3分
問合先:座間市公園緑地課
046-252-7221
花しょうぶ 
座間市立野台公園の東側約130平方メートルに白や紫など200本ほどの花しょうぶが6月中旬になると咲いています。
この公園の花しょうぶは
「座間の森」という珍しい品種で、管理は「座間の森を育てる会」が行っています。
7、8年前までは土壌が馴染まず花の咲かない時があったが、会員による草取りや株分け、消毒など年間を通じた手入れの甲斐があって、1995年には「神奈川花の名所100選」に選ばれています。
座間の森の由来
この「座間の森」は全国でも百数十本しかないといわれ、白地に薄い藤色のぼかしが入り、中心は黄色。三枚の花弁の垂れ咲きが特長。1863年に武蔵園の菖蒲園で座間寛造氏が育成した品種であるという説に由来しています
座間の森の管理
座間市ではこの貴重な花菖蒲を市民の皆さんに見ていただくため、「座間の森を育てる会」に管理を委託して保存に努めています。
花が終わった7月頃に、一度掘りあげて株分け作業をします。3年間そのままにしておくと、花が小さくなってしまうからです。そして9月には施肥を行うなど保存会の方々の努力で毎年見事な花を咲かせています。
「座間の森」は座間市には、立野台公園、谷戸山公園里山体験舘前、そして諏訪神社後ろの3ヶ所にあります。

マイタウン目次に戻る