はいから庭

ウッドデッキ


12月2日
ウッドデッキが完成しました。

 
 


 
 


 
 


 
 
 
 

動画をご覧下さい。
https://youtu.be/P4DMQ07g1L0
https://youtu.be/5gR1wWZQzxY

..............................................................................................................................................

11月22日
根太と支柱を追加し補強。ここまで組まなくても強度的には問題有りませんが、
歩いて床が「しなる」様では気持ち悪いので、とにかく頑丈な骨組みを作ります。
支柱は要所要所、L金具とアンカーで固定。
インターのレンガの為、どうしても穴を開けられない箇所が多数有りましたが、
四隅の両サイドがガッチリ固定出来ているので、要所で良しと判断。
そして2度目の塗装。床を張ったら2度と塗装出来ませんので、やれる内に丁寧に。

画像2枚目。
元々、日陰になり易く植栽が近い事から、インターロッキングに苔が発生しておりました。
そのままデッキを組んでしまうと、日も当たらなくなり、苔にとって絶好の繁殖条件になる為、
いくらデッキの下とは言え、苔むしてしまっては困るし、
先々塗装をする際にも、板の隙間から塗料がポタポタとインターに垂れても拭き取れず、
気持ちが悪い、と先を読み、砂利を投入する事に。
目地の苔を取り払い、1袋1000円近くする高価な砂利を敷き詰めました。
一度床を張ってしまったら、二度と日の目を見る事の無いデッキ裏ですが、
先々起こるであろう現象を読んで対応しておきました。

 

11月21日
先週、縁台が完了したお宅の別の窓際にウッドデッキの骨組みを作りました。
既存のインターロッキングの上と余白の地面に組む為、
普段とは勝手が違い、考える時間が多く中々はかどりませんでした。
この後は強度を再考しつつ、庭木の有る所は床を抜くので、
補強が必要な箇所には補強をします。そして骨組みを再塗装します。

 



..................................................................................................................................

2016 /11月
縁台を施工しました。
縁台ですが、細長いウッドデッキとして捉え、丈夫に頑丈に施工します。
足元が50cm幅と限られていた為、本来でしたら前後に脚を立てるのですが、
今回は手前側だけに脚を立て、壁際は直接板を基礎コンクリートに打ち付け、
そこを土台に骨組みと床張りをしました。(画像2番目)
 
 
 
 
 
 
 
まるで最初から作り付けたかの様な仕上がりに、お施主様も大変喜ばれておりました。




   



2014 松本市 I様邸。物干し台。




縁台 松本市


















長野県 庭作り 安曇野市 庭作り 松本市 庭作り 塩尻市 庭作り 伊那市 庭作り 諏訪市 庭作り 長野市 庭作り
ウッドフェンス はいから庭 ウッドデッキ はいから庭 アプローチ 外構 植栽 雑木植栽  宿根草花壇
ローコスト庭作り 庭の作り方 低予算 庭 目隠し プライバシー確保 自然風な庭 自然風な植栽





はいから庭