>>作成編へ
>>編集画面作成へ
>>検索結果画面作成へ
>>詳細画面作成とショートカットキー
>>完成後のカスタマイズ

>>(有)エルム不動産HPへ


少しだけ変えて便利に・・・
・指定した検索条件を入れないとエラーを出す。
・検索結果の3列表示(略式構文開発は一休み・・)
・ページ表示を 1 2 3 4 次へ と変更※ちょっとだけ進展!1/31


全てのデーターが表示される事を回避するには?

db.view.cgiの125行目付近の
my$file=($FORM{Tfile} eq 'User')?"$UserDir/user.cgi":"$DataDir/data/data.cgi";
記述直後へ
($FORM{S_データ番号_Key_データ種類} eq '') and &Error('未入力時のコメント');
を記述します。
そうすると特定の検索項目をチェックしないとエラー表示します。



検索結果の列表示。。

db.view.cgiに$n==i++;と挿入し検索結果に番号をつけます。
↑カウンター宣言はすでにされている為に必要ないことに気付きました。

特定の式を挿入して2列3列、4列など
表示させることが可能です。

現段階ではまだ改行要素をループ処理をさせます

H17.8/19やっと、完成!!!!!!
またブラウザやOSの違いで崩れてしまう場合はご連絡ください。。
多分大丈夫だと思いますが・・・・

但し、スクリプトを自分で開発したかのような公開をされると嫌なので
アドバイスのみに留めます。(北海道内の同業者様へは協力を惜しみませんが・・)

>>作成編へ
>>編集画面作成へ
>>検索結果画面作成へ
>>詳細画面作成とショートカットキー
>>完成後のカスタマイズ

>>(有)エルム不動産HPへ