ここまではうまく行っていますか?
※忘れていた訳ではないのですが、データ詳細画面作成に触れていませんでした。。
 とりあえず外枠を説明した後に作ります。。
それでは 検索結果画面の作成をしましょう。
検索結果画面ですが実はレイアウト(htmlページ)とデーターの出力(cgi)に上下分割されています。

>>作成編へ
>>編集画面作成へ
>>検索結果画面作成へ
>>詳細画面作成とショートカットキー
>>完成後のカスタマイズ

>>(有)エルム不動産HPへ

 



それではまず検索上部のhtml文書のソースを好きなように
変えていきましょう。
ibフォルダ→templateフォルダ→
resultフォルダ→default.htmlのソースを変えるか、
または結果画面は検索画面でhtmlを指定できるので
default.htmlを残しておいて、ryouri.htmlなど何種類でも
作っても平気です。(ここではryouri.htmlにします。。

ソースは<table><tr><td></td></tr></table>の1行だけです。
ただ決まりもあるのでソースを書きますね。。↓
<!---HTML--->
&_PageControl(0,1,'表\示');
print <<"<!---HTML--->";

<table><tr>
<td>番号</td>
<td>種別</td>
<td>お店</td>
<td>メニュー</td>
<td>レシピ</td>
</tr>

<!---HTML--->
&_PrintData;
print <<"<!---HTML--->";

</table>
↑のように一行だけのテーブルだけを書き入れます。。
決まりごとは ・・
赤文字のソースの間に記入すること。
細かく説明すると下段は </table>
</tr>タグの間へ
赤文字タグを 挟むことです。

サンプル作りました

 


そしてデータ出力を命令するcgiを変更します。
libフォルダdb-html.cgi を開き
タイプ1の<<EOM;から
EOM
}
の間に
登録データ(data.cgi)を表示するには
$VD[$REC{Data}{Comment}] のように
$VD[$REC{Data}{データ種類}] の形式で設定します。

URLエンコードされたデータ(data.cgi)を表示するには $RD[$REC{Data}{データ種類}] の形式で設定します。

ユーザーデータ(user.cgi)を表示するには $VU[$REC{User}{Address}] のように
$VU[$REC{User}{データ種類}] の形式で設定します。

URLエンコードされたユーザーデータ(user.cgi)を表示するには $RU[$REC{User}{データ種類}] の形式で設定します。
登録日時を表示するには$RDate
更新日時を表示するには$NDateとします。

テーブル色を交互に違う色にする設定をしている場合 $TrColorという記述で色を呼び出します。
例:TR bgcolor="$TrColor">
この出力は用途に合わせて複数作成できますので
詳しくは説明書でみてくださいね。(簡単なので)

サンプル作りました


さあやっと検索画面の作成です。
タグの挿入条件などは多少ありますが、記入ミスなどで真っ白になったりはしない普通のhtml文書で作ります。
ここではチェックボックスでのor検索など便利な使い方を交えて作成します。

お料理なんでも検索


料理種類
和食  中華  おフランス
イタ飯   ネコマンマ

予算で検索(一人当り)


レシピ検索
素材で を含むものを表示


 

ソースを見てください。。
<html>
<head>
<title>お料理何でも検索</title>
</head>
<body>
お料理なんでも検索
<p> </p>
<FORM action="./database.cgi" method="POST">
< INPUT type="hidden" name="cmd" value="s">
< INPUT type="hidden" name="Tfile" value="">
< INPUT type="hidden" name="HTML" value="ryouri.html">※@
< INPUT type="hidden" name="DataHtml" value="HTML_1">※A

< INPUT type="hidden" name="TrColor" value="#ffffff,#e8ffe8">
お料理種類
<
INPUT type="checkbox" name="S_1_Key_ryouri" value="和食">和食
<INPUT type="checkbox" name="S_1_Key_ryouri" value="中華">中華
<INPUT type="checkbox" name="S_1_Key_ryouri" value="おフランス">おフランス
<INPUT type="checkbox" name="S_1_Key_ryouri" value="イタ飯">イタ飯
<INPUT type="checkbox" name="S_1_Key_ryouri" value="ネコマンマ">ネコマンマ
<
INPUT type="hidden" name="OPTION_1" value="CHECKBOX">※B
<
INPUT type="hidden" name="TYPE_1" value="OR">
<p></p>
予算で検索(一人当り)
<select name="
S_2_Num_yosan">
   <option value="">指定しない
   <option value="1000">1000円
   <option value="2000">2000円
   <option
value="3000"> 3000円
   <o
ption value="5000">5000円
   <option
value="7000">7000円
   <option
value="10000" >10000円
</serect>

<select name="Type_2">
   <option value="指定しない">指定しない
   <option value="Less">未満
   <option value="More">以上

</serect>
<p></p>
レシピ検索<br>
素材で
<INPUT type="text"size="10" name="S_3_shurui1">
を含むものを表示
<p></p>
<INPUT type="submit" value="検索" style="cursor : hand;" name="submit">
<INPUT type="RESET" value="クリア" align="MIDDLE" name="RESET">
</FORM>
</body>
</html>

サンプル作りました

 

※@使用する検索結果のhtmlをここで指定します。
※A使用する検索結果のcgiをここで指定します。
※Bチェックボックスのor検索をする場合に必須タグです。

後は説明書の通りにKey(文字検索)Num(数字検索)かの違いですが、データ種類との組み合わせで検索します。Multi検索なども組み合わせで独自に開発
すると、とてもすごい物ができあがるのではないでしょうか?
ここまでご説明しましたが、十分に基礎知識は補えるはずです。
そして何より、お付き合いくださいましてありがとうございました。。。。
今後、様々なcgiで掲示板やセンドメールを使ったメール送信などなど作成した時も必ずやお役にたてるはずです。
大変おつかれさまでした。。

>>作成編へ
>>編集画面作成へ
>>検索結果画面作成へ
>>詳細画面作成とショートカットキー
>>完成後のカスタマイズ

>>(有)エルム不動産HPへ

 

 

 


 


このDBは色々な方々のご協力をいただき、すべて無料で作成しました。