編集画面の作成に取りかかりましょう。
ここまではデータ環境設定を済ませたかまたは併用して登録していきましょう。
>>検索結果画面作成へ

>> (有)エルム不動産HPへ

 

料理なんでも編集画面

DATANO.

料理種類
   レシピ
   お店  
  メニュー       

  更新

確認


←???データ登録画面と一緒ではないのか!!とのお怒りも
あるかと思いますが、データが出ていますよね?
編集画面ではデータを反映させなければいけませので
ちょっと違います。

それではまず
登録画面のソースを以下のテキストへ上書きしてください。
libフォルダ→templateフォルダ→data-edit.html
上書きを確認できたらdata-edit.htmlのソースを変更していきます。




サンプル作りました

 

< HTML><BODY>print <<"<!---HTML--->";
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<TITLE>$CNF{ScriptName} [データ編集]</TITLE>
</HEAD>
<!---HTML--->
&_Html_Head;
print <<"<!---HTML--->";
<form action="./database.cgi" method="POST"enctype="multipart/form-data" >
<INPUT type="hidden" name="cmd" value="dea">
<INPUT type="hidden" name="SID" value="$PID">
<INPUT type="hidden" name="Count" value="0">
<INPUT type="hidden" name="DataNum" value="$FORM{DataNum}">
<INPUT type="hidden" name="UserNum" value="$FORM{UserNum}">
<INPUT type="hidden" name="Pass" value="$FORM{Pass}">

料理なんでも編集画面<br>
<br>
DATANO.
<input type="text" name=
"" value="$FORM{DataNum}" maxlength="5">
データ番号を表示する場合、hiddenで渡しているのでココでは
nameを書かないこと!

料理種類
 <select name="ryouri">※@
  <option value=""> 指定しない
  <option value="和食"$Select{ryouri}{1}> 和食
  <option value="中華"$Select{ryouri}{2}> 中華
  <option value="おフランス"$Select{ryouri}{3}> おフランス
  <option value="イタ飯"$Select{ryouri}{4}> イタ飯
  <option value="ネコマンマ"$Select{ryouri}{5}> ネコマンマ
 </select>
 <br>
  <input type="text" name="shurui1"value="$DATA{shurui1}" >
   レシピ
  <input type="text" name="shurui2" value="$DATA{shurui2}">
   お店
  <input type="text" name="shurui3" value="$DATA{shurui3}">
   メニュー
<input type="submit" value="登録" style="cursor : hand;" name="submit">

<input type="reset" style="cursor : hand;" name="reset">
<INPUT type="checkbox" name="DateRenew" value="1" checked>更新
</form>
<FORM action="$BaseDir/$MainCGI" method="POST">
<INPUT type="hidden" name="cmd" value="dda">
<INPUT type="hidden" name="SID" value="$PID">
<INPUT type="hidden" name="DataNum" value="$FORM{DataNum}">
<INPUT type="hidden" name="UserNum" value="$FORM{UserNum}">
<INPUT type="hidden" name="Pass" value="$FORM{Pass}">
<INPUT type="submit" value="登録削除" style="cursor : hand;">
<INPUT type="checkbox" name="Check" value="1"> 確認

</form>
< /BODY></HTML>
<!---HTML--->
1;

青文字が変更箇所です。
なにが登録と違うのかわかりますね
$select{****}{1}や$DATA{****}
などhiddenとともに増えています。
この設定を忘れてしまうと
登録データが反映されてきません。
それと下部のフォームで削除できる
ようにしておきましょう。

ryouriのセレクトオブジェクトの設定
の番号はデータ環境設定の
ryouri==和食&中華・・・・・・
と登録したと思いますが、
この左からの数えの番号です。



さあここまでできたなら後は
1/3位で完成です。
以外と簡単でしょ?

サンプル作りました

※@これがCHECKBOXなら環境設定の[デ]チェックボックスの設定を完了し編集ページソースのところへ
<input type="checkbox" name="ryouri" value="和食"$ChekBox{ryouri}{1}>
↑と記入していきましょう。 $CheckBox{ryouri}{1}←をよ〜く見て下さい。大文字C、Bと小文字○heck○ox ですね。
ココだけは面倒くさいと言わずにしっかり記述してください。全部小文字や大文字だと反映されませんので・・・。

>>検索結果画面作成へ

 

 


 


このDBは色々な方々のご協力をいただき、すべて無料で作成しました。